新刊速報!『荒野のジャーナリスト稲田芳弘』

~~~~~超多忙な日々の「私の中の奇跡」

…新刊本お申し込みは書店、当社まで

 

稲田陽子

 

すっかりご無沙汰してしまいました。11月18日に、共生塾主催の

「稲田芳弘追悼講演『じあいの道遥かなり』」でお話するために、

東京に行き、翌日には帰札。帰って来るなり、山積みの仕事をまた

少しずつやりこなしていく日々となりました。

 

そんななか、私のたっての希望だった新刊が出来上がりました。

「荒野のジャーナリスト稲田芳弘~愛と共有の『ガン呪縛を解く』

(稲田陽子著)これが、決定したタイトルです。やはり、そこに

どうしても千島学説の風となった『ガン呪縛を解く』を入れたかった

のでした。

 

 

この書籍をようやく書き始められたのが、今年の3月。そして、

その間、頭の痛いことの連続のような困難な状況が待ち受けていたのを、

「恐るべきニンタイリョク」で何とか超えつつ、会社の再建をしながら、

新刊を書き上げることが出来ました。

 

 

先が見えないと思うことは何度もありながら、シンプルにぶれること

なく、どうにか新刊を書き上げられたのは、まさに私の中の「奇跡」

でした。何度も何度も、中断を余儀なくされ、その間にもInDesign

という編集ソフトを習いに行くなど、普通では考えられない(と思われる)

無理なスケジュールをこなし、新刊本で初めてそのオペレーションにも

挑戦したというわけです。

 

 

このソフトは、習ってもすぐには使いこなせない業務用のシロモノですから、

この齢でよくぞやった!と、ちょっと呆れながら自分自身を見ています。

このほかに、もともとの私の専門分野である英語の翻訳コースにも通って

いますが、これはさすがに新刊本の仕上げ時期2ヶ月ほどはほとんど

通うことはできず、さらには、hpやメルマガのリセット問題も平行するなど、

頭を抱えることは数知れずありましたが、やはり、私は「太陽の子」。

負けるわけにはいきません。夫は、こんな私を見て、目を白黒している

かもしれませんね。(うふふ)

 

 

この超多忙さには、ある取次会社に当社の書籍を出すことになった

その準備もあったわけです。この流通システムに乗せるのも、良きにつけ

悪しきにつけこの業界の常識で、これまでは夫流儀で直販を通していたものの、

やはり、一人では大変です。そこで、取次流通に参加することになりました。

読者の方も、これで安心して当社の本を書店でお求めになれる

のではないでしょうか

 

 

それにしても、夫の回帰以来、いろいろな方に助けてもいただきました。

改めて、御礼を申し上げたいと思います。

 

さて、東京は、東京大学の山上会館でフォーラムが開かれ、私も、

初めて東大の構内を「さまよう」という経験をしました。というのも、

広い構内を迷子になりそうになりながら、ようやく目的の会館に

たどり着いたからです。

 

祖父がこの東大の赤門を明治の時代に通ったということもあり、

フォーラムに行った理由の一つに、この明治時代の祖父の

ことも頭にありました。そういえば、東京で過ごした大学時代にも

ついぞ立ち寄ったことがなかったのですから、やはり、

見ておきたいという思いがあったのは事実。その時代には、

夏目漱石も森鴎外も確かに存在していたのであり、構内をさまよいながら、

あの遠い明治のロマンにふと思いを馳せたりもしました。

 

フォーラムでは、夫の講演DVDが流れるなか、

主催の舟橋慶一さん(元テレビ朝日アナウンサー)が私に

「ぜひ聞きたいこと」を中心にインタビューするカタチで進められ

ました。それは、私の新刊本の内容に沿うものでもあり、

私自身、ぜひ人々に伝えたいことでもありました。

 

そこでお話した内容…ぜひとも、拙著をお読みいただければ、

と思っております。

 

新刊『荒野のジャーナリスト稲田芳弘~愛と共有の

『ガン呪縛を解く』」…

当HPのインフォメーションからの引用をここにご紹介します。

。。。。。。。。。。。

 

「抗ガン剤ムラ社会」を拒否すると…。その隠された真実とは?

『荒野のジャーナリスト稲田芳弘

愛と共有の「ガン呪縛を解く」稲田陽子

(B6版 224p/定価1,890円)

ガンの三大療法を拒否し、「抗ガン剤ムラ社会」という

荒野を足取りも軽く歩いた一人のジャーナリストが体験した

最期の日々とは…。その「隠された真実」を

黙っていることは許されない。

衝撃の事実を語る問題作。

『ガン呪縛を解く』の著者、稲田芳弘がその「生き様」を通して

あなたに伝えたいことを「後輩ジャーナリスト」の妻が

紐解く渾身の書。

稲田芳弘追悼講演会「じあいの道遥かなり」その2

~~~~~東大山上会館で11月18日開催。主催は「共生塾」

 

稲田陽子

さて、当の本人の妻が日々「頭がはげそうなくらい(笑い)」

奔走しているなか、共生塾秋の特別ファーラム

「稲田芳弘追悼講演 稲田芳弘「じあいの道」遥かなり」が

11月18日(日)に東京大学山上会館で開催されます。

 

主催は、元テレビ朝日のアナウンサー、舟橋慶一さんが

代表を務める「自然との共生塾」(国際環境保全研究所)。

舟橋さんは、夫の講演を聴かれて、ご自身のガンを克服され、

現在はお元気でご活躍されています。共生塾でも、

千島学説的な治癒法などを取り上げながら、

深く「ガンと健康の医学」を探求されています。

 

 

平成24年度“自然との共生塾”秋の特別講演会のお知らせ

~稲田芳弘追悼講演 稲田芳弘「じあいの道」遥かなり~

日時:11月18日(日)開場受付8時30分

講演会9時20分~17時15分

会場:東京大学本郷校舎 山上会館大会議室

交通:地下鉄本郷三丁目から徒歩5分

//www.shizentonokyouseijyuku.com/

 

連絡先/

090ー2170-6470(深瀬)FAX番号043-487-9587

cfukse@catv296.ne.j

 

 

09:20~09:25 開会ご挨拶 舟橋慶一

09:25~09:50 巻頭提言 “健康こそ最大の社会貢献なり”~自らがガンになって取り組んだこと~

自然との共生塾塾長 舟橋慶一

 

09:50~10:50 基調講演 “排毒、解毒で病気は治る~毒素をためるとなぜ病気になるのか~

日本ホリスティック医学協会理事  本部千博

 

10:50~12ノベーション」としての「日本のプランB」”

~車に食料を奪われてはならない、人は自然の恵みている

東京大学名誉教授・NPO「もったいない学会」会長石井吉徳

 

 

<昼食休憩>  12:00~12:50

 

12:50~13:50 特別講演 “水と珪素の集団リズム力”

一級海技師(機関) 元東洋化学株式会社技術顧問 中島敏樹

 

 

13:55~15:00

特別講演 “量子水学説と千島学説の接点を探る”

哲科学・技術研究/TAKAO 代表・工学博士(九州大学)高尾征治

 

 

15:05~16:15

特別講演 “心身一如の生命弁証法”~現代がん治療の問題点~

医学博士 ・島村トータルケアクリニック副院長  酒向 猛

 

16:20~17:10

インタビューでつづる稲田芳弘追悼講演

“稲田芳弘「じあいの道」遥かなり”~最後に何を伝えたかったのか

・・・生前の講演ビデオから~

ジャーナリスト 稲田陽子

 

17:10~17:15  閉会のご挨拶

自然との共生塾塾長 舟橋慶一

 

17:15~      講演会閉会

 

18:00~20:00   懇親会

懇親会: 本郷三丁目地下鉄本郷通り入り口そば。「さくら水産」18時00~20時30

さくら水産:本郷三丁目駅前店。東京都文京区本郷2-39-6大同ビル2階03-5805-3533

*懇親会参加の方は山上会館一階に17:30分にご集合ください・係りがご案内します。

 

 

講師プロフィール(アイウエオ順)

石井吉徳

工学博士、東京大学名誉教授。もったいない学会会長。

(社)日本工学アカデミー科学技術戦略フォーラム代表。

1955年東京大学理学部物理学科(地球物理)卒。石油開発産業を経て、1978年東大工学部教授。1993年名誉教授。国立環境研究所所長を経て2006年まで富山国際大学教授。2006年よりNPO法人もったいない学会会長。「豊かな石油時代が終わる」、

「石油ピークが来たー崩壊を回避する 日本のプランB」他著書多数

 

稲田陽子 ジャーナリスト

札幌市出身、青山学院大学文学部英米文学科卒、フリーライター、ジャーナリスト、1999年から環境情報オピニオン誌「エコろじー」を発行、編集人、執筆者として活動。著書にファン

タジー短編集『世の終わりの贈り物』創作作品集など。

 

酒 向 猛先生 医学博士・・島村トータルケアクリニック副院長。1950年、岐阜県恵那市出身。1976年順天堂大学医学部卒業、1986年名古屋大学医学 研究科卒業、同年岐阜県立多治見病院へ赴任。1988年医学博士、同多治見病院外科部長兼中央手術部部長を経て2008年セントマーガレット病院統合医療 科部長、2012年千葉県島村トータルケアクリニックで臨床。千島学説的視点に立った臨床理論は千島学説継承の第一人者として期待されている。

 

高 尾征治 工学博士。哲学博士。哲科学技術研究TAKAO代表。1943年福岡県出身、1966年九州大学化学機械工学科卒。1983年工学博士(九州大 学)1998年日本学術会議の論文誌に、世界で初めて精神と物質を統合する「弁証法的物神一元論」という新しい哲学的世界観を提唱「量子水学説」「宇宙生 命三都物語」「複合ミネラル硅素水―花開くナノテク最前線」他著書多数。神話を理論にした人として各界の注目を集めている。

 

中 島敏樹 元東洋化学株式会社技術顧問。学術研究ジャーナリスト。1941年、石川県出身、1965年日本水産入社、1998年ニッスイマリーンサービス株 式会社代表取締役を経て2000年から東洋化学株式会社技術顧問、水処理に関わり、さまざまな水の検証をつづけ「水は集団で行動し、かつその集団には水そ れぞれの”性格“があることを明らかにした。水集団の新たな振動領域を世界に先駆けて論じた。著書に「水とケイ素の集団リズム力」など。

 

本 部千博 ほんべ視力健康研究所所長。日本ホリステイック医学協会理事。1954年名古屋市出身。1985年国立岐阜大学医学部卒業、協立総合病院で研修後 内科医として勤務。1989年岐阜大学医学部眼科学教室入局、1995年眼科学会認定専門医取得、日本東洋医学会認定専門医取得。2005年ほんべ眼科開 業。「近視は病である」をモットーに子供たちの近視化予防に力を入れている。また内科的には排毒・解毒法を中心に据えた健康相談やプラセンタ療法もおこ なっている。2001年よりオルソケラトロジーを取り入れている中部地方の第一人者。

 

舟 橋慶一 自然との共生塾塾長。環境省認定環境カウンセラー。環境保全研究所代表。1938年東京都出身。1962年テレビ朝日アナウンサーとして、報道番 組、ドキュメンタリー番組、スポーツ中継などを担当。特にスポーツでは東京五輪からモスクワ五輪まで幅広く活躍。番組制作で触れた「世界遺産白神山地」と の出会いの中で自然環境・生態系を守ることをライフワークに。

現在「地球の健康・身体の健康」をテーマに講演活動、語り部教室を主宰。生活の中で千島学説をどう生かせばよいのか、わかりやすく伝えながら普及活動をつづける。自然との共生塾塾長。

 

 

image003.jpg

東京大学山上会館(東京大学本郷キャンパス三四郎池北西側)

 

 

 

稲田芳弘追悼講演会『じあいの道はるかなり』その1

~~~~~東大山上会館で11月18日開催。主催は「共生塾」

 

稲田陽子

 

すっかりご無沙汰してしまいました。この沈黙の期間、あちこちからご心配、

お気遣いのご連絡をいただきまして、ありがとうございました。実は、

この期間を含め思わぬことがいろいろ起こり、会社経営をする上で、

大いに勉強させられていました。とくに、自社サーバーをめぐる件では、

「保守の甘さ」を突くように「国際的ハッカー集団」だという

「アノニマス」の被害に合い、警察が捜査に来るなど、厄介なことに

巻き込まれていました。

 

しかし、これも、すでにレンタルサーバーに切り替えていたため、

大事にはいたりませんでした。私も、この世界のことはよくわからないので、

弁護士のところに相談に行き、何とかそうした類いの感を磨こうと

思ったものの、当の弁護士も、何だかさっぱりわかっていなかったのが

印象的でした。やはり新種の事件なのだと思いました。

第一、私は、アノニマスというのが何者なのか、警察の説明を聞いて

初めて分かったくらいです。このところ、会社の雑務のため超多忙で

世間には相当疎くなっていましたが、弁護士も同様で(笑い)

「アノニマスって何?」という感覚で応対されたものです。(苦笑)

 

そして、そういういやらしいことが起きていた最中、私は、夫、芳弘のことを

執筆していました。ところが、何故か、執筆に精を出そうとすると、

何かが起きるわけです。そうして、また、中断、中断を繰り返し、ようやくいま、

仕上げの段階に到達、といったところです。

 

私は、この原稿を仕上げるのに、わざわざInDsighn という編集ソフトを

PCスクールに習いに行っており、苦労しながらも編集オペレーション作業を

完了にこぎつかせようとしています。あと一息のところで、

実は11月18日に行なわれる共生塾ファーラム

「稲田芳弘追悼講演 稲田芳弘「じあいの道」遥かなり」までに

仕上げを間に合わすことができないのが、とても、とても残念です。

 

とはいえ これも、慌てて推敲もせずに出版をするのはよくないよ、と

そう夫が私にメッセージをしているためかもしれませんね。ともかくも

焦りに焦っての執筆作業だっただけに、じっくりと原稿内容を推敲検討

するようにと私にアドバイスをくれているような気がしています。

そこで、いまは、何度目かの推敲をしています。ただ、他の仕事とも

平行でやらざるを得ず、なかなか大変ですが、頑張っているところです。

 

また、メルマガも、システム上まだお送りできない状態で、

今回のフォーラムのご案内もこのブログと

公開方法を変えたばかりで、まだ「知る人ぞ知る」の

ラジオライブ(youstream配信)ということになりそうです。

ほとんど広報らしいことが出来ずにいるため、お知らせが

遅くなりましたことを、お詫びいたします。

 

 

 

 

→その2に続く

お詫びとお知らせ

~~~~~新野さん「雲の上に木を植える」改訂版出版、そして

稲田芳弘の「幸せを呼ぶ暗号」が蘇り出版されます!

 

稲田陽子

 

HPのリニューアルが遅れている上に、

HP作成上のトラブルで一度アップされたものが

消えてしまうなど、

なかなか思うにまかせません。

 

作ってくれているHP作者は、まだ勉強中の素人、

というわけで、

みな様には、本当にご迷惑をお掛けしております。

この場を借り、お詫び申し上げます。

 

メルマガも、いましばらくお待ちいただければ、と

思います…

 

こんな状態ですが、ラジオだけは、続けており、

ライブとYOUSTREAM同時配信でお送りしております。

すべての切り替え時、ターニングポイントであっても、

別に道に迷ったわけではありません。

ただまだまだ私自身が仕事上不自由な環境にあります。

大至急環境が整うように、頑張っていきたいという思いです。

 

その思いとともに、

かぐや姫の父、メグ爺こと、

新野恵さんの元気の出る本「雲の上に樹を植える」が

改訂増刷になりました。

 

そして、

夫、稲田芳弘の「幸せを呼ぶ暗号」が改訂版としてよみがえります。

これは、2004年に出版されましたが、皆様からご好評をいただき、

絶版が惜しまれていたのが、ある方の後押しを得て、この秋に

改訂出版されることになりました。本当にうれしい限りです。

 

さて、私はどうしても書き上げたい書籍にいま必死で

取り組んでおりますが、なぜか、書き出す度に、

邪魔が入り、なかなか仕上げることができません。

その邪魔…というのも、そうそう簡単なもの・ことではないために

悩まさせられてしまうわけです。

もちろん意味のあることもあることでしょう。しかし、

なぜなのかと、首を傾げたくなるようなことも…

本当に、本当に不思議なものです。

 

それらが僭象の世界から来るものであれば、

ともかくも、「イヤシロチ」に目を向けていくことが

脱出のカギ、大きな希望に繋がるのかもしれませんね。

 

 

 

 

HPリニューアル、まずはブログで第一声

※以下は2012.8/2のブログです。
作成上のトラブルのため、消えてしまい申し訳ありません。
再度アップします。
~~~~~~本格的オープンまで、あと少し…
稲田陽子
すっかりご無沙汰しています。
みなさま、お元気ですか。
HPリニューアルは、もうしばらく掛かりそうです。
ご迷惑、ご不便をお掛けいたしますが、
いましばらくお街下さいますよう、お願いいたします。
さて、ロンドンオピンピックも佳境に入り、
世界中から集ったアスリートたちの活躍が伝えられています。
私も、昨夜半は、体操男子の活躍をライブで楽しみました。
ついに内村航平選手の金メダル獲得の瞬間を
目撃(笑い)しました。
どの選手も、決勝戦では、進化を求めて自分との闘いに
集中している姿を見せてくれ、それはそれは
いまの私には感動を与えるものでした。
人間は、なぜ、あれほど苦しい訓練に耐えてまで
目標を達成しようとするのでしょうか。
個人的には、それぞれの理由があるにちがいないのですが、
おそらく、進化への希求こそが、
本来の魂の本能的本性なのかもしれません。
オリンピックも、参加することに意義があるという精神ではあっても、
レッキとした競技ですから、競争をしていることに
変わりありません。しかし、その最終的目的は、
本当は違うところにあるような気がします。
それは、勝ち負けにこだわっているうちは、本当の自分を
発揮できないかもしれないからです。
体操で言えば、おそらく完璧な演技をプレッシャーの中で
披露しきるのは、やはり、そこには勝ち負けという意識に
捕らわれるのではなく、、
自分自身への集中力をいかに発揮させたかということに
尽きるのかもしれませんね。
このHP「Creative Space」も、こうしたスピリットの素晴らしさを
再認識しながら、夫、稲田芳弘の意思を継承し、私なりに、
自分自身への集中力を極められたらと、考えております。
会社の経営、私自身のクリエイティブな創作活動、
書籍の出版活動などを行いながら、「じあいネット」にも
気を向け、復活させていきたいと考えています。
夫の考えていた「酒呑童子村」(笑い)に少しでも近づけるように、
まずは、ガン患者の方々、その家族の方々とともに歩めるように
「じあいネット村」をweb上で整備していければ、と
いろいろイメージは膨らみます。
いきなり大きなことはできません。出来るところから少しずつ、
やっていこうと思います。
すべてのアウトラインは、「ガン呪縛を解く」そして…
「隠された真実、呪縛を解く」
つまりは、時代とともに
自由なる人間学をわくわくたのしく追求していきたいものです。
では、今後ともよろしくお願いいたします。