10/24「がんは誰が治すのか」松野哲也さん講演会

13時30分〜16時/ちえりあ
講師:松野哲也さん(元コロンビア大学ガン研究センター教授)

 

稲田陽子

 

松野哲也さんは、コロンビア大学ガン研究センターでプロポリスから
抗ガン剤を作るはずだったのが、あまりの副作用の強さを実験段階で知り、
抗ガン剤の不条理を身にしみて理解した。そのため、
それはいつのまにかプロポリス全体が含まれる天然抽出液の
研究に変容した。

 

この抽出液は、熱水抽出法で取り出され、一部の成分が抽出された
毒性の強い抗ガン剤ではなく、プロポリスの全体的な生命的パワーが
生かされた液体が得られている。
松野先生は、自ら実験台となりご自身のガンをこの天然抽出液を飲みながら
克服され、今回も拠点のニューヨークから来札して、直接ガンの本質を語られる。
松野先生とのご縁は、10年近く前に夫の稲田が講演会を企画したところから始まり、
いろいろお世話になっている。
一昨年の「稲田芳弘メモリアル」の時にも、講演の講師として
ご参加いただき、興味深いお話は好評を得ている。

 

先生は、『ガンは誰が治すのか』という書籍を書かれており、今回の講演の
タイトルも、それに従ったものである。
これは、まさにガンの本質を言い得て妙ではないだろうか。
ガンを一つの生命体と捉えていることが伺えるからだ。
ガンになるのも、ガンを治すのも、自分次第というわけである。
心と体、精神(霊性)を三位一体としてとらえなければ、このタイトルは、
成り立たないだろう。(稲田も、同様に考えていた)
ガンは、単にサプリを飲んだから治るようなものではない。確かに一時の
効果はあっても、心身ともに免疫力が高まらなければ、ガンは治癒に
向かわないのではないのか。
松野先生は、そうした思考法を提案し、現代医療の限界点を超えたところに
治癒のメカニズムがあると、洞察される。

 

10月24日、じあいネット主催で、松野先生の講演会を開催いたします。
以下、ご案内です。

 

がんは誰が治すのか
「真に治る」治癒のメカニズムを探る
現代医療の「限界点」を超えて…

2015.10.24(土曜日)
13時30分~16時(13時開場)
会場/ちえりあ サークル活動室
地下鉄東西線「宮の沢駅」地下通路直結(徒歩5分程度)
西友駐車場利用可(2時間まで無料。それ以降30分ごとに100円)。
札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10

参加費 3,000円
お申し込み・お問い合わせは、
011-671-7880 090-3778-5289
youko@creative.co.jp
主催/じあいネット

……………………….チラシから
対症療法を行う現代医療で病気は根治できません。
がんや難病もそれは、同じ…。

「がんの自然退縮という現象は、実存的転換といって、
その人の考え方や生き方すべてが変わったときにしか起こらない」
これは、日本の心身医学の創始者・故・池見酉次郎氏
(元・九州大学医学部教授)の言葉ですが、
松野博士は自らに発症したS字結腸(大腸)がんを、
手術も抗がん剤治療も行わずに自らを実験台にしてその治癒を
模索しました。その結果、完治に至る暫定的仮説を得、
それを検証してきました。

独自の手法によって調整された植物性成分抽出液
(高濃度で殺がん細胞活性を示す数種類の物質を含む)を飲用した場合、
各種細胞の刺激を介して、リンパ球の動態が混乱状態に陥ることも
あることがわかりました。これにより、自己治癒力を増強させると
思われる重要なメカニズムが示唆されます。
さらに、リンパ球が関与する抗腫瘍免疫態勢は、無意識の方向づけ、
特に、快楽を感じることも含めて「宇宙の根源」(ゼロ・フィールド)に
繋がることによって誘導される可能性を想起させます。

現代医学に欠落している「治癒」について、
参加の皆様とともに考察したいと思います。

プロフィール 理学博士 松野哲也
Laboratory of Noetic Science主宰
1942年横浜市生まれ。 東京大学・理学部・生物化学科卒。同大学・教養学部・化 学教室、医学部・生化学教室、医科学研究所・腫瘍ウイルス 部門を経て、同大学院・博士課程を修了(理学博士)。慶 応義塾大学・医学部・分子生物学教室特別研究員。国立 予防衛生研究所(現・感染症研究所)室長。ウイルス・ワク チンの国家検定を行い、保健行政に関与。その一方、がんの 基礎医学的研究や抗がん物質の探索等に取り組む。 1996年渡米。コロンビア大学ガン研究センター教授を務める。 現在はニュージャージー州でLaboratory of Noetic Scienceを主宰。 著書に『ガンはこわくない』『癌では死なない』『プロポリスでガンは 治るのか』『がんは誰が治すのか』『現代医療を超えて』『病気を おこす脳 病気をなおす脳』等がある。