『カタカムナへの道』再販決定のお知らせ

〜〜〜いよいよ2月11日から予約販売開始!

稲田陽子

 

ちょうど3年前の今日、1月24日。夫と私は、清水正博さんが主宰する

サラ・シャンティーの講演会場にいた。一日通しで8時間のセミナーだ。

内容も、「ガン呪縛を解く」から、2年連続訪問したガストン・ネサーン、

そして「カタカムナ」まで多彩なものだった。夫は、時間を惜しむように、

全力を出し切り、札幌で徹夜で準備をしたパワーポイントによるスライドの

横で話し続けた。

 

その姿も顔色も、とてもガンの末期だったとは思えなかっただけに、

人々に希望を与えるに十分だった。

 

しかも、この日の話題は、カタカムナをしっかりキャッチしている。

1月24日は、楢崎皐月が平十字からカタカムナ図象符の書かれた巻物を

託された日だと、夫は、語った。奇しくも、その同じ日にカタカムナの

ふるさとである六甲のふもとで、「カタカムナ」の

話をする奇遇に驚きと感動を覚えてもいたようだった。

 

そして、2年後のいま、「カタカムナへの道」の再販のお知らせをしている

のも何とも興味深いことではないだろうか。

読者の方々のご要望メールも多く、絶版にはするつもりはなかったが、

昨年末にAmazonで中古本が98,000円という法外な値が付いているのに

本当に驚かされていた。

 

2月11日をメドに予約販売を開始する予定である。発行は、3月11日…。

 

また、「渦」が動き出しそうだ。

「アワ」の時代は、透明な共生の世界に生きる生命原理を

基とするものだ。

千島喜久男博士は、健康の基本は、「心身一如の弁証法」「気血動の調和」などと

表現しているが、

時代は、患者や民間・伝統医療分野の人々、ジャーナリストたちだけでなく、

医師などの医療関係者の口からも「ガン医療の本質」や「生命論的な医療」が

さまざまな視点で暗示され

始めている。

 

「ガン呪縛を解く」希望の渦は、もう動き出している。