稲田芳弘未完の『千島博士、チャングムと語る』


~~~千島学研『螺旋』に掲載、先着10名の方にプレゼント!

 

稲田陽子

 

千島学説研究会の同人誌「螺旋」(らせん)に、

夫、稲田が2006年のHP(Creative Space)で連載した「千島博士、

チャングムと語る」が回帰3周年追悼特集として掲載された。

 

これは、夫が、『ガン呪縛を解く』の出版後にほっとした気分も

あって、当時人気ドラマであった「チャングム」の物語に誘発された

らしく、「遊び心」で書き始めたものである。韓医学を修めた主人公

チャングムと千島博士が語ったら、どんな対話が生まれるのか、

そんな唐突だがユニークな興味から書き始めたようだった。

 

当時の典型的な男性原理の社会で苦難を乗り越えて王の主治医に

なったチャングムに、時代に封印されてきた「千島学説」の創始者、

千島博士は何を語るのか…

 

21世紀は女性原理の時代の始まりだと、夫は、「カタカムナ」の原理と

村山史観から予測していたが、その始まりにふさわしい「対話」を

書き始めたものの、残念ながら中途でペンを折っている。

 

その中に、徐福伝説の新たな解釈にも触れられており、あの最期の日々に、

徐福の伝説の地に不本意に足止めされた「運命」を思い起こすにつけ、私は、

何とも不可思議で複雑な思いにとらわれる。

 

夫に頼まれ徐福関連の書籍や資料を近くの図書館から何度も

借りてきては夫に届けたものだった。夫は、おそらく20冊近くは

読んだのではないだろうか。もしも、体力が許していたなら、そのうちにでも

徐福伝説を塗り替え、そこから何かが繋がって、新しい時代論が展開

されたのは容易に想像がつく。

 

夫の未完の文章は、同人誌の50ページほどを埋めている。

私も、夫の文章の解説を依頼され、数ページ寄稿している。

興味のある方には、ぜひとも読んでもらいたいもの…。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。

この『螺旋』(定価1,000円)を先着10名の方に新春の

プレゼントとして無料進呈いたします。

ご希望の方は、このhpのお問い合わせフォームからか

当社へのFAX(011-671-7880)でお申し込みを承ります。

会員同人、数名の方々がいろいろな論やレポートを書かれています。