1999年01月:タイタニック号の発するサイン

 新年号はめでたい話、明るい話題、と相場が決まっている。そこで何か新年にふさわしいテーマをと考えてはみたが、なかなかいいアイデアが浮かばない。それくらい、世の中は右も左も気分が滅入るようなことばかりということだろうか。いくら経企庁が「景気に変化の胎動」と慰めてくれてはみても、その胎動には、胸騒ぎのする予感も混じって聞こ...