今夜のラジオは…ふしぎな「カタカムナ」に 背中を押されている?/松野哲也さんの新刊5月に他

稲田陽子

今夜8時は…じあいネットが提供する
「稲田芳弘の『呪縛を解く』時間~ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスサッポロ(FM78.1)
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc


一触即発のようなトランプ政権対北朝鮮…
いったいどうなっていくのでしょうか。
ぎりぎりのところで、対話路線に転換していくことを
願うばかりですが、ともに同質のタイプ同士で
しきりに威嚇の気炎を上げるばかりの日々、
解決の糸口はあるのでしょうか。
日本の政権は、トランプさんにきちんと箴言することが
できるのでしょうか。
日本にも大きな犠牲が出るのは必然と言われるなか、
現在の方向に突き進んでよいと思っている人は
本当に超少数派ではないでしょうか。
理由は何であれ、民衆に大きな犠牲をともなう戦争は
やってよいわけがありません。
憲法9条が世界の規準になる日など、夢のまた夢なの
かもしれません。
ボブディランの「風に吹かれて」にあるように、
「どれだけの砲弾を発射すれば、
武器を永久に廃絶する気になるのか」
(ref/https://ja.wikipedia.org/wiki/風に吹かれて_(ボブ・ディランの曲)
その答えは風に吹かれ、舞っている。
否、みな知っているはずです。
戦争をしない方法を…。


さて、最近、『カタカムナへの道』を読み、とても感動したという
お電話をくださった方とお会いする機会がありました。
その方は、アーティストで、ふしぎなマンダラのような絵を
描かれておられます。見せてくださったいくつかの絵をめくっていくと、
何とカタカムナの図象符が渦巻きになっているマンダラが出てきました。
聞くと、目の前に現れたものをそのまま写したのだと言います。
カタカムナのことは知らなかったのに、そのような構図と図象符が
出てきたのだそうです。
「私は映し出されたものを描いているだけ」と謙虚に言われましたが、
非常に不思議な現象を目の当りにすることになってしまいました。
このカタカムナはいったい何を言わんとしているのか、
なかなか興味深いものです。
今日は、このお話もしたいと思います。


カタカムナについては、放っておかないでと言わんばかりの
メッセージのように、時折、メールやお電話をいただきます。
ここ数年で、『ガン呪縛を解く』「ソマチッドと714Xの真実』とともに、
2回の増刷をしたのですが、私の方では忙しさも手伝ってカタカムナ
への関心を十分に温めることができずにいました。
つい3月にも、千島学説研究会の方からもカタカムナのたいへん
貴重で面白い資料が送られてきました。実は、2年程前には、宇宙の
創世についてカタカムナと連動させながら、数式で解いたという方からも
コンタクトがありました。
そして、今回のことが続きます。
こうしたことが、私にとって何かの切っ掛けになるのではと、
小さな期待感が芽生えてきています。


松野先生の新刊『治るガンの愛と運の法則〜松野博士のがん治癒
プロトコール』は、5月の20日ごろに出版の予定です。
合い言葉は、「もう『がん患者』になるのは止そう!」
含蓄があります。お楽しみに。

………………………………………………………..
今夜8時は…じあいネットが提供する
「稲田芳弘の『呪縛を解く』時間~ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスサッポロ(FM78.1)
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です