8月の新刊!『新時代を拓く量子水学説』(高尾征治著)出版のご案内

~~~量子水学説なくして、医療も気(スピリチュアリティ=霊性)も

語れない。書籍ご希望の方は、弊社011-671-7880、

お問い合わせフォームからもOK!

 

稲田陽子

 

カール・グスタフ・ユングは、肉体と精神の間には、相互に

連絡し合う共時的な「中間領域」である「サトルボディー」があるとし、

その概念はマイヤーを通して発展した。これは、量子論的な言い方を

すれば、一つの共時性から成り立つ「情報場」であることを

意味している。

ようやく新刊出版となった高尾征治さんの『新時代を拓く量子水学説』

を読まれるなら、こうした「サトルボディー」が存在するのも自然の理

だと納得ができるのではないだろうか。

千島学説を創始した千島喜久男さんが、「心身一如の弁証法」という

言葉を使われて、心身の相関性を見事に言い表されているが、

高尾征治さんは、この哲科学を自らの「量子水学説」で立証している。

 

医療のイノベーションには、そうした量子の世界の論理はもはや

不可欠なのではないだろうか。拙著『荒野のジャーナリスト稲田芳弘~

愛と共有の「ガン呪縛を解く」』にも、プラシーボ反応の謎にも

迫ってみたが、これは、まさしく私たちの回りでごく自然に起きて

いる肉体と精神の共時的な「情報交換」である。

高尾さんは、この情報交換を「物神二元論」(物質と精神の二元論)で

解明しているのは非常に興味深い。

 

以下は、6月に書いた私のブログからの抜粋である。

ぜひご高覧いただければ、と思う。

……………………………………………………

http://creative.co.jp/wp/index.php/archives/date/2013/06

7月には、前作をさらにバージョンアップした『新時代を拓く量子学説』
(高尾征治著)という新刊本が弊社Eco・クリエイティブから

出版されます。
0点の場のエネルギーの正体を水を通して科学的に解き明かした
非常に興味深い内容となっております。

高尾先生の「物神二元論」(精神と物質二元論)とは、何か…。
それは、科学や医学に新時代を切り開く予感を感じさせるものです。
物質と精神の間には0点という情報交流の場があり、そこから相対、
流転を基として「創造」がなされるということを意味しています。
量子(ニュートリノ、電子、光子)の世界や波動共鳴(フラーレン
構造)を介在に精神(虚)と物質(実)が互いに関わり、質の転換を
するというものです。多くの事例や実験により、高尾理論が立証されて
いきます。

この書は、まさにスピリチュアリティの本質をも解き明かす
革新的な書であり、また、医学にもイノベーションをもたらすものと

言えます。ホリスティック医療は当然の帰結なのは言うまでもありません。

……………………………………………………

※まだこの本の申し込みフォームが出来ておりませんので、

御申し込みは、弊社お電話かFAX011-671-7880まで。

また、「お問い合わせフォーム」からも対応させていただきます。

お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。