月次アーカイブ: 5月 2015

ブログ

今夜のラジオは、「余命宣告」の功罪

〜〜〜大潟広子さん、しばらくお休み。卒業出演します!

稲田陽子

 

今夜8時はラジオカロス(78.1)で
稲田芳弘の『呪縛を解く』ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc

 

稲田芳弘が始めた『ガン呪縛を解く時間」も、
現在の名称に変更しつつも、もう9年半に渡り
続けられてきています。
その9年半の間にも、ガンを取り巻く事情は
相変わらずで大筋では大きな変化がなく、やはり
「ガン呪縛」は解かれていないような感があります。

思えば、稲田が『ガン呪縛を解く〜千島学説パワー』を
1年間hpで連載したのが反響を呼んで、出版に
漕ぎ着け、すぐに講演やラジオ放送などが開始
されることとなりました。
最初の放送は、2006年の10月…。
週一回、かかさず放送を重ね、日本だけでなく、
遠く海外の方々からも、
励ましのメッセージをいただきました。
大潟さんは、『ガン呪縛を解く』への共感をご縁に、
一番始めの放送から稲田のアシストを
してくださった元ガン患者の方です。
おもに、自然療法を基に、宗教的な感性を
磨きながら、元気にガンを克服されています。
稲田の回帰の後は、じあいネットのラジオ放送の
スポンサーとして独立して、この番組を毎月
第一木曜日に人形座の鈴木幸子さんを助っ人に迎え、
支えてくださいました。
番組中、鈴木さんの「日本昔話」も印象深く、恒例の
「癒し」の朗読として番組を彩りました。

その大潟さんが、都合により番組をお休みすることになり、
一旦番組を卒業します。

今夜は、長い間サポートくださった大潟さんに感謝込めて、
今夜のゲストとしてご登場いただきます。
「気」を顧みない定型の「余命宣告」など、
現実にはまだまだ解かれない「ガン呪縛」を
「解く」ためのトークをお届けしたいと思います。

今夜8時はラジオカロス(78.1)で
「稲田芳弘の『呪縛を解く』
ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc

ブログ

明日5/16〜5/17千島学説研究会フォーラム

〜〜〜『隠された造血の秘密』の酒向先生のSTAP細胞論も

 

稲田陽子

 

いよいよ明日から二日間、千島学説研究会恒例の
フォーラム(東京大会)が開催されます。
今回は、アロパシー医学に対して、「千島医学」とは何かを知りたい方に
ぜひお勧めしたいフォーラムです。ガンは、本当に不治の病なのかという
現代医療の問題点にも、今回もじっくりと迫りそうです。
また、3月に刊行された『隠された造血の秘密 改訂版』の
著者、酒向猛医師の講演「STAP細胞事件の深層』も、注目されます。
エピジェネティクスの潮流の中で、このstap論は無視できないものと
思われます。
千島学説や本当の健康・医療に関心のある方、ガンや慢性病を
患っている方とそのご家族など、どなたでも参加できます。
この機会にぜひいらしてみませんか。

以下、ご案内いたします。
詳細は、千島学説研究会hpをご覧ください。
www.chishima-gakusetu.com/
2015年5月16日(土)、17日(日)、
東京にて
千島学説研究会主催セミナーを開催いたします。
現代医学・医療はアロパシー医学・医療で
成り立っています。
アロパシー医学・医療とは、
化学薬物、手術、放射線を用いて症状や疾患を治療していく
医学体系です。対症療法、西洋医学、正統医学とも云われています。
なぜ、アロパシー医学が正統性もちえたのでしょうか。
近代医学の歴史をつぶさに検討すれば、 医薬はまず
石油会社がつくりました。そして、石油産業と製薬会社が、
医師を取り込み、今日の医学を成り立たせたのです。
外科的な治療を別にすれば、内科疾患には治癒できない
療法です。
九割の患者は薬漬け医療に曝されているのが現実です。
農業もそうです。農薬・化学肥料たっぷりの農産物を
食べさせられているのです。今セミナーで更に学び、
自衛のための力をつけましょう。

タイトル
千島学説研究会 東京セミナー2015
-いまこそ自衛の力を!-
日 時
2015年5月16日(土) 午後1時~午後8時(親睦会含む)
2015年5月17日(日) 午前10時~午後5時10分
場 所
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-22-16
東京都豊島区医師会館4階 地図はこちら
JR池袋駅(西口)から徒歩7分程度
会 費
・会員   両日参加 4000円  1日参加 2500円
・非会員  両日参加 5000円  1日参加 3000円
・学生   両日参加 2000円  1日参加 1000円
5月17日の親睦会出席、別途3000円
詳 細
セミナー概要はこちらの画像をご覧ください。 画像1  画像2
セミナー詳細のプログラムはこちら
連絡先
セミナーの参加希望、セミナーへの問い合わせにつきましては、
千島学説研究会事務局(かせやま)までお問い合わせください。
TEL&FAX:072-643-8579

1 / 11