月次アーカイブ: 9月 2014

ブログ

気満つ人生讃歌!今夜8時、第3木ラジオの時間!

~~~愛の鬼才、西村久蔵の「江別キリスト村」末裔、

佐藤根恵さんがゲスト。「祈りは呼吸と同じ…幸せの源泉」

稲田陽子

 

今夜8時は、「稲田芳弘の『呪縛を解く時間』

ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」の時間です。

今夜は、終戦後に満州から引き上げ理想郷の建設を夢見た

西村久蔵氏の「江別キリスト村」の末裔、佐藤根恵さんを

ゲストにお招きし、その生き方を通して、「宗教的感性」の

素敵さをお話いただきます。

※「江別キリスト村」については、再ブームとなっている

作家・三浦綾子の著作『愛の鬼才ー西村久蔵の歩んだ道』

(三浦綾子著)をご参照ください。

 

佐藤根さんは、1953年10才のときに、敬虔なクリスチャンの

養父と母とともに「江別キリスト村」に入植しました。

学業を唯一の楽しみに両親を手伝い、畑の労働も一緒に担ったと

いいます。それでも太陽の恵みを受け、たくましく育つ野菜の世話を

する日々のおかげで、佐藤根さんは、心も体もとても健康に育ちました。

 

その後、18才で自立し、人生を体験した後、再び、「江別キリスト村」に

戻ってきました。

そんな佐藤根さんの心にいつも息づいていたのは、「祈り」…。

いま、佐藤根さんの住まいの横には、小さな「祈りのサロン」が

あります。とても小さな可愛らしい「祈りの家」です。

これは、佐藤根さんの思いに共感する方々がボランティアで

作ったのだそうです。宗教の違いにはこだわらず、いつも

あたたかく迎え入れるいわば「小さな教会」と言ったところかも

しれません。

 

佐藤根さんの暮らしは、「江別キリスト村」のように

祈りと畑仕事を背景に、人々との交流を大切に巡っていきます。

 

今夜は、佐藤根さんに『赤毛のアン』の主人公アンのように

イメージすることの楽しさも感じられのでは…

 

 

1 / 11