今夜のラジオ…『世の終わりの贈りもの』と「ガン平和論」のお話


〜〜〜日露首脳会談のふしぎ、『世の終わりの贈りもの』のお話、松野哲也氏(元コロンビア大学教授)来春新刊出版のお話はじめ「ガン細胞は愛と平和がほしい」

稲田陽子

今夜8時は…じあいネットが提供する
「稲田芳弘の『呪縛を解く』時間~ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスサッポロ(FM78.1)
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc
………………………………………………………………………………..

今夜のラジオは、クリスマス、年末年始にちなみ、「愛と平和」をテーマに
お送りいたします。

今月注目されたニュースに、山口県で行なわれた日露会談がありますが、
プーチンと話し合われたのは、ロシア側の意向が強く働き、日本側への
経済協力要求などがメインとなりました。

北方領土問題は、先の先の先の世に、もしかしたら聴く耳を持つかもしれない
という返答であったようです。その前に日露の信頼関係を築き、
平和条約を締結した後に、さらに様子をみて、初めて交渉のテーブルを
用意するかどうか判断するかもしれないという、なんともふしぎな話に
終始した印象は否めません。

しかも、ロシア側は、首脳会談の最中であった11月に北海道の東、網走を射程
範囲に入れた弾道ミサイルを北方領土に配備したという驚くべき念の入れよう…。
そうした状態で、ロシア側の言う「信頼関係」を築かなければ領土の交渉の
テーブルは絶望的となるとなれば、元島民の方々もいたたまれないのでは
ないでしょうか。

しかし、もしも安倍首相が言うように「特別区」という保護のもとに日本の
島民とロシアの島民が交流して、理解し合い、歴史的な事実を共有できれば、
事態は変わる可能性もないとは言えません。平和が、市民レベルで作られるように
願いたいものですね。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、
今夜のテーマは、愛と平和。
現代版「クリスマスキャロル」の『世の終わりの贈りもの』のお話、
来年4月に出版予定の松野哲也さんの『続がんは誰が治すのか』のお話など、
稲田の『ガン呪縛を解く〜千島学説パワー」で取り上げている

「ガン細胞愛と平和論」を交えながらもりだくさんの内容で
お送りいたします。

………………………………………………………………………………
今夜8時は…じあいネットが提供する
「稲田芳弘の『呪縛を解く』時間~ガン呪縛を解く&不安呪縛を解く」
ラジオカロスサッポロ(FM78.1)
ラジオカロスのサイマル放送(パソコンから)
http://www.radiokaros.com/simulradio/#jump_pc