フラードーム

フラー、すなわちバックミンスター・フラーのことを知ったのは、もう30年近くも前のことです。 以来、フラーがぼくの思索の友だちになりました。 いま、こんなところでこんなことをやっているのも、どこかでフラーに影響されたからだと思います。 それだけに、この「CreativeSpace」ではフラーのことをいっぱい書きたいと思っているのですが、なにせまだ再出発したばかりだけにご挨拶程度しかできません。 いずれじっくり取り組んでいきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、フラーに関する「書きかけの原稿」と、ある月刊誌に書いたエッセイ風の原稿を以下に置きますので、興味のある方はごらんください。

フラードーム