でんじはごろも(電磁波防止衣)とちょこ

今日は「でんじはごろも(電磁波防止衣)とちょこ」の話です。

先月、ある仕事で、バーバラ寺岡さんのご自宅を訪問しました。
バーバラさんは「風土&フード・ディレクター」で、エコライフの先駆者…。電気はすべて太陽光発電、水もすべて雨水利用でまかなっています。
またかつて、料理研究家として電子レンジの開発プロジェクトにも参加していたために、電磁波(電界)の害をだれよりも良く知っています。

そこでいろいろ研究した結果開発したのが「でんじはごろも」…。訪問したとき、これはまだ売られてはいませんでしたが、幸運にも1着だけプレゼントしていただいたのです。

いっしょにいただいた資料には、でんじはごろもを身につけることによって、電磁波の約97%がカットできるとあります。「ホントかな?」ということでいろいろ試してみました。
実際に実験してみると、コンピューターや照明器具、電化製品などからは、かなりの電磁波が出ていることが分かります。そこで、それらを「音」と「グラフ」で表すことにより、「耳」と「目」ではっきりと確認できるようにしました。
すると、電磁波の放出状態が一段とよく分かります。私たちはまさに「電磁波の海」の中で毎日を過ごしているのです。

ところが、センサーを「でんじはごろも」でくるんでしまうと、あら不思議、音もグラフも極端に小さくなります。「なるほどなるほど」…というわけで、「でんじはごろもとちょこ」の写真を撮ったようなしだいです。

電磁波が体に及ぼす害は、まだよく分かっていません。しかし明快な因果関係はともかくとして、世界中で電磁波の害が声高に叫ばれ始めています。いわく、免疫力の低下、ストレスの増幅、精神の不安定化……。
そうか…、となれば、やっぱり「でんじはごろも」は現代人の必需品かもしれません。
だとしたら、バーバラさんに頼んで、これを売らしてもらうことにするとするか。「電磁波を防ぐはごろもを身にまとえば、誰もが浮き浮き、健康的に楽しく浮遊できます!」なんて具合にね<笑>。

DSC20014


これは、羽衣。 これを着るだけで、コワイ電磁波を半分以上カットしてくれるんだよ。ナニ? 電磁波は見えないだろうって? それが昨日、測定器でちゃんとはかってみたんだ。ちゃんとカットされていたよ。こんなに薄いのに不思議だよね。
見えないからこそコワイ電磁波。 私もせめて羽衣でカットして大事な身体を守らなきゃ…??