かなしいほどの明るさ

懐かしい詩集がふと目にとまり、なにげなく開いてみました。
するとそのページには、ぼくの鉛筆の書き込みがありました。

「かなしいほどの明るさ」…。
詩の中の言葉です。
いつ、どんな場面で書き込んだのかは分かりませんが、きっとそのとき
「かなしいほどの明るさ」を胸に感じていたのでしょう。

……その詩を以下に紹介してみます。

まひるまの
かなしいほどの明るさのなかに
その門は立っている
今も 遠い昔も

光の幕が上がり
蒼く澄みわたる半円球の冬空の下で
魂は荒野のようになる
名もなく
はじめて見いだされたときのように

荒野にはひとすじの道があり
扉のない門が立っている
そこは私の視座
動かない私の目がそこにある

ひとりで私は歩いている
今も 遠い昔も
永遠に中天にかかった太陽を見ながら
道の果ては光のなか
あの光は私の心のいちばん奧にさしている

……………………

世紀末から新世紀の変わり目でぼくは「かなしいほどの明るさ」を感じていたような気がします。
みんなで一生懸命努力したはずだったのに、20世紀という時代は「汚れっちまった」からです。
でも、その悲しさの向こうには、「永遠に中天にかかった太陽」が見え隠れしています。
その光は、自分で気がつく以外に見ることができない。
ひとりで歩いて、ひとりで動いて、光の見える場所に立つ以外にないのかもしれません。

なにげなく開いた詩集の一つの書き込みから、こんなことを考えてしまいましたが、21世紀という時代は、「心のいちばん奧にさしている」その光が、誰にもはっきりと見えるようになるのではないでしょうか。

ひとりで私は歩いている
今も 遠い昔も
永遠に中天にかかった太陽を見ながら

この言葉は、考えてみればぼくの半生だったような気もします。
でも、いまは、そこから確かな「つながり」が生まれています。
「つながり」は、人が本質的にひとりであるからこそ、人生の最も大切なテーマにもなってくるのでしょう。
「長い沈黙」を経た直後だけに、つながりの可能性に「かなしいほどの明るさ」を覚える日々です。