非人道的なゴルフリゾート開発

環境ジャーナリストの「きくちゆみ」さんから次のようなメールが届きました。
「みなさんにぜひ配信してほしい!」ということでしたので、
「戯れ言」とはかなり雰囲気が違いますが、ここにアップさせていただきます。


JALによるハワイ島大規模ゴルフリゾート開発
きくちゆみ

もしもあなたの祖先のお墓がブルドーザーでめちゃくちゃにされて、
その上に金持ちのための高級ゴルフクラブと
高級分譲地が外国資本によって作られたら、どんな気持ちがするでしょうか。
またその工事の結果、
あなたが毎日魚介類や海草を取っていた海が、土砂で埋まってしまい、
先祖代代続けてきた伝統的な暮らしが続けられなくなってしまったら…。
日々海の恵みを採取して家族で食べる当たり前の素朴な暮らしが永遠に奪われたら、
どんな風に感じるでしょうか。

今回、農閑期休暇を利用して避寒のため訪れたハワイで、
まさにこんなことが起こっているのを目の当たりにました。
それも日本人のお金、天下の日本航空(私もよく利用する)
が関わっていたのでショックでした。
このことを日本でも知らせなければ、と強く感じながら帰国した次第です。

ハワイ島のコナを走る幹線道路脇で「ホクリア」という看板を初めて見たときは、
ハワイの生んだ現代のヒーロー・星の航海士ナイノア・トンプソン
(JEANでも彼を招いてイベントをしました)の船「ホクレア」と勘違いし、
ここにホクレア号が泊めてあるのかと思いました。
ところが「ホクレア」と「ホクリア」は一字違いですが全く無関係で、
後者は地元住民やハワイ先住民団体が反対する
高級ゴルフリゾート大開発の名前でした。
たまたま訪れたハワイ島の友人の家で「ホクリア開発」に反対する地元住民に出会い、
詳しい話を聞くことができました。

この計画は1990年頃から
日本航空と米国アリゾナ州のライルアンダーソン社長がパートナーとなっている
「レッドヒル1250」という現地法人によって進められてきたものですが、
当初は「ホクカノプロジェクト」と呼ばれていました。
1994年頃、この計画がハワイ先住民の聖地を荒らすことと、
海への環境破壊を理由に地元住民から訴訟を提起され、
日本のゴルフ場問題グローバルネットワークや国際団体のGAG’M
(ゴルフ反対グローバルムーブメント)などの応援も得て、
計画は一時中止されていました。

ところが1999年末頃に認可がおり、工事が始まってしまっていたのです。
当時の運動の中心者で日本とのパイプ役だった人が
市議会議員になって忙しくなってしまったため、
この情報は日本に入ってきませんでした。
今回の訪問で私たちは日本人として初めて工事着工を知ったわけです。
1994年11月にはハワイから反対運動の代表者が来日し、
この計画の中止を求めて記者会見を開いたり、
JALに申し入れをしたりしましたが、
そのとき懸念していたことが実際工事が始まった今、現実化していました。
すなわち、造成工事による海への土壌流出、それによる珊瑚礁へのダメージ、
沿岸採取生活者の権利剥奪、先住民の墓や遺跡の破壊などなど。
とくにハワイの先住民団体は、先祖の墓が壊され、
遺骨がブルドーザーによって掘り起こされ、
放置されていることに強い憤りを感じています。
また、開発が行われている土地の下にあるケアラケクア湾岸は世界有数の透明度を誇り、
ダイビングスポットのベスト10にいつも入っている海域ですが、
この工事が始まってから、大雨の度に大量の土砂が流出するようになり
(ゴルフ場は海岸沿いに造成している)、海にもぐると濁った水の壁が見えます。
その海底には土砂が堆積し、珊瑚礁へのダメージは計り知れません。

日本を代表する航空会社が海外に出掛けていって、
現地人のお墓の上にゴルフ場を作る感覚を私は理解できません。
逆にアメリカの航空会社が日本で同じ事をやろうとしたら、当然国際問題に発展するし、
そんな開発は決して許されないはずです。
これだけ環境との調和が必要とされている時代に、
どうしてわざわざ世界有数の美しい海を破壊するのかも理解できません。
それがどんなお金儲けになったとしてもです。
ハワイ島にはすでにゴルフ場が20以上あり、
倒産したり計画が途中放棄されているものも多数あります。
果たして採算が取れるのでしょうか。
採算が取れたとしても、こんなことを許していいのでしょうか。
日本人として、海を愛しハワイの自然をこよなく愛する一人として、
何としてもこの計画は見直して欲しいと願います。
それには多くの日本人がJALに対して声を上げていく必要があるでしょう。
こんな野蛮なことが日本資本によって起こっていることを
一人でも多くの人に伝えて下さい。
そしてJALにこの開発を見直してもらいましょう。
あなたの智慧と勇気を貸して下さい。
この件に関する連絡は、ファックスで0470―97―1215
またはメールでyumik@awa.or.jpまでお願いします。
近々、ハワイ先住民の代表を招いて、記者会見を行う予定です。
 …………………………………………………………………………
* ファクトシート
開発計画の名前:ホクリア開発(HOKULI’A DEVELOPMENT)
開発者:OCEANSIDE1250 Partners(オーシャンサイド1250)
この会社の出資者:日本航空(JAL)、ライルアンダーソン(Lyle Anderson)
開発計画概容:土地1540エイカー(1エイカーは1224坪)
ゴルフ場27ホール、設計はジャック・ニコラス
約700の高級分譲住宅、約60の会員用ロッジ、クラブハウス、
レストラン、スパ、プール
工事着工:1999年末
 …………………………………………………………………………
2001年2月14日、
地元先住民団体、環境団体によるハワイ先住民の祖先の魂に対する謝罪と
鎮魂の儀式が夜を徹して行われた。
ハワイ島でこのような大規模な集会が行われるのは始めてのことという。
このときのビデオは現在手配中。
マスコミ、特にテレビ局の知人がいる方は紹介して下さい。
なお、ハワイ人を招聘するためのカンパを始めました。
郵便振替口座 00110ー1ー144224
ハーモニクスライフセンター
*通信欄に「JALハワイ」と書いてね。(きくちゆみ)