第四章 ふたたび川湯診療所で その3

翌朝は雨が止んでいたが、空は曇っていた。いつもの様に顔を洗い、朝食を食べラジオを聴いていると、もう患者が来ていると事務の和子ちゃんから連絡があった。昨夜の女学生達が待っていた。四人はカニ族のスタイルで横長のリュックを背負い、朝一番の列車で旅立としていた。軽装のハイキングスタイルが新鮮だった。ガーゼを交換して醜くないように包帯を巻いてあげた。
「今朝の食事はどうしたの」と聞くと、
「食事の時、門歯は直接に門歯同士がぶつかり合わないから食べられた」と言う。歯は消毒し、ゴムの充填の入れ替えをした。彼女は手鏡を取り出して顔を十分に確かめて、笑顔で出て行った。
事務室に入ると、和子ちゃんが、
「お茶を入れますから。昨夜は大変でしたね。先生がカルテに処置をきちんと書いてあるので、計算するのが楽です」と、言いながら立ち上がり、お湯を沸かす準備をする。丸顔のキュートな感じの女の子だと改めて気づいて、彼女の動きを見る。緑茶を飲みながら、ぼくは、
「診療所で対応できないような患者が来たらどうしたらいいのかな」と、彼女に尋ねていた。これは看護婦か事務長に聞くことであったが、なんとなく彼女に聞いてみたくなっていたのだ。
「その時は、先生、国立弟子屈に送ったほうがいいかもしれませんよ。私がいるときにそんな患者が来たら、私の知っている先生に連絡を取ってみるから」と、実に明快な答えが返ってきた。ぼくは、それは当然だと思った。それ以上は釧路に送ることになるのだ。
「その先生の名前は何て言うのですか。教えておいてください」と、ぼくは和子ちゃんに要請した。実はこの先生は彼女と婚約していることを後で事務長から教えられた。
山本事務長は、9時を過ぎてもまだ来ていなかった。バスに乗り遅れたらしい。9時半頃あたふたと現れた。患者はもう10人以上も来ていた。中年の女性がリヤカーでいかにも農家の叔父さん風の男性を連れてきていた。早速、診察を開始した。その男性は56歳で、昨日から何も言わないし、何も食べないで寝てばかりいると言うことである。農家を経営している人であった。話かけてもぼんやりして何も言わずに反応もない。瞳孔の不同があり、左が大きく対光反射が弱い。右の顔の麻痺が見られる。上肢を上げてみると、明らかに右は弱く麻痺があった。看護婦は血圧が高いと報せてくれた。190/104mmHgで、脈は40台と報告してくれた。これは明らかに脳卒中である。脳内出血か脳梗塞か鑑別は難しいけれど、診療所での治療には限界があると考えた。奈良看護婦に弟子屈に送ることを伝えた。
「それなら和子ちゃんの彼氏に連絡したら、引き受けてくれるよ」と、言う。ぼくは先ほど彼女が伝えてくれたことが現実になり、驚きながら国立弟子屈病院に電話をした。内科の布施医師が電話に出た。意外と気さくな対応をしてくれたので、ぼくは少し緊張が取れて、今いる患者の状態を説明し患者を引き取って貰うことにした。この頃は救急車などもなく、どこかの空いているトラックを探さねばならなかった。山本事務長があちこちに電話をして遂に車を一台調達した。和子ちゃんは、
「私が患者について行ってあげる」と、言って車に乗り、出掛けて行った。1時間もあれば戻ってくる。色々なことが起こりそうな予感がぼくにはしていた。いずれも臨機応変に対応しなければならないと腹を据えていた。奈良看護婦は、
「和子ちゃんは彼氏に会えるから、張り切って行ったのだよ」と、独り言を言っていた。それから、徐に看護婦が、
「先生にお礼をしたいと言う美人4人が来ていますよ」と、教えてくれた。玄関に出てみると、昨日の4人の女性たちが微笑みながら立っていた。患者は、どなたなのかぼくは記憶になかった。一人の面長の容貌の女性が名乗りを上げた。ぼくは健康になったその女性に丁寧に挨拶されて、少し気分が良くなった。

カテゴリー: 第一部 | コメントは受け付けていません。

第四章 ふたたび川湯診療所で その2

「先生!彼女がチンピラに追われて逃げようと走っていたら、石に下駄が引っかかって転倒したのです」
「そんなチンピラがいるのですか?」
「温泉にはいませんが、よそから入って来た奴らです。大体見当はついていますがね」と、言って、巡査は、先生がいるから安心しなさいと優しく諭していた。女の子は川湯観光ホテルの浴衣を着ていた。歯の状況をみて、これは歯科的な処置をする必要性があると思い、加藤先生に電話で相談をすることにした。電話をかけると、受話器の外す音が聞こえ、と同時にピアノの音が流れてきた。微かに聞こえる音はショパンの曲らしかった。あの女性が弾いているのだろうか?
「もしもし、加藤です」と、返事があった
「加藤先生、夜分に大変失礼します。川湯診療所の後藤です。今、急患で、転倒して口を強く打撲し、門歯を折ってきた患者がいます。神経が垂れ下がっているのですが、どうしたらよいですか」と、助けを求めた。
「折れた先の方はどうしたのですか」
「どこにもないんです。多分転倒した所にあるかもしれませんが、この夜中じゃ見つからないと思います。患者はかなり痛がっていますが、先生に、来て治療していただくにしても、もう車はないでしょうし」
加藤先生は、
「それなら貴方が臨時に処置を行ってください」と、処置の方法を教えてくれた。受話器からはピアノ曲も流れている。確かにショパンの夜想曲の一つだった・・・。ほどなく電話は切れた。誰が演奏しているのだろうかと思いながらも、我に帰り、患者を歯科の診療室に連れて行き診察台に座らせる。ライトをつけてみると、右門歯が完全に真ん中で折れていた。白い神経が露出して見えた。ぼくは歯科の細い穿刺針を取り出し、神経を巻きつけて引いてみた。すると、神経は簡単に断裂して切れた。神経の抜けた小さい穴に歯科用の消毒剤を充填し、ゴムを熱して折れた歯の全体を包んだ。擦過傷で汚れた鼻、唇、頬を消毒して化膿を止める軟膏を塗り、ガーゼを当て包帯を巻いた。女の子は泣き止んでいた。よく見ると、可愛らしい顔をしていた。もう心配は要らないこと、残念ながら無くなった門歯は入れ歯で修復が出来ることなどを説明した。四人は礼を述べて帰ろうとしていた。そこで、明日の朝出発の前に必ず来てくださいと告げた。カルテを整理し警察に提出する診断書などを書き終えて部屋に戻ったのは、夜の11時を過ぎていた。
遅くになって霧雨が本格的な雨になり、トタン屋根に一定のリズム音を刻んでいた。先ほどのピアノは誰が弾いていたのだろうか。暫く歯科の部屋の椅子に座っていた。雨の音を聞いていると、ぼくの心には亮子の姿が浮かんでくる。どうしているのだろうかと思慕の思いが募ってくる。恋人の亮子は、内面的な女性だ。冷静な女性である余り、自分を表に出さない所がある。愛情の表現についてみても控えめである。信仰の話になると、真剣な瞳で話が弾み出すのだ。ぼくはそれを聞くのが好きだ。亮子の藤学園はぼく達が生まれる前の1925年に、ドイツのフランシスコ修道会により5年制の札幌藤高等学校が設立された。亮子は自宅が近いこともあって、中学生から藤に入学し、常に優秀な成績を収めて卒業していた。謙虚な所が常にあり、ぼくには理想の女性として感じられた。藤の名の由来を聞いたことがあった。亮子は、
「昔から札幌には藤の野生が沢山あり、それを図案化したもので、真ん中に三本の縦の線は謙遜、忠実、潔白を表しているのです」と、聞かせてくれた。目を閉じながら、ぼくは清純な亮子を心の中で抱きしめていた。

カテゴリー: 第一部 | コメントは受け付けていません。

第四章 ふたたび川湯診療所で その1

 午後4時頃を過ぎると、川湯には観光客が集まってくる。夏の暑さも周囲に森林の多い川湯ではしのぎやすい。診療所前を観光客がそぞろ歩いて通り過ぎる。そのうちの何人かが決まって診療所に立ち寄って、大鵬の家はどこですかと聞きに入ってくる。ぼくは事務長に、
「大きな紙に地図を書いて入り口に張ってはどうですか」と、言ったけれども、
「来てもらった方がよいのです。色々な人と話が出来るから」と、余り迷惑がらずに言っていた。
「それもそうかな」と、ぼくは思った。4~5人の患者が来て、診察をする。旅行の途中食べ過ぎた、バス酔いが治らないから薬を出してほしい、風邪を引いたので熱冷ましが欲しい…そんな患者を診てその日が過ぎて行く。
夕食が終わると、自分の部屋で休む。むし暑い夜になってきた。雨が降っていない日が続いていた。鷲鼻の婆さんに隣の拓銀の療養所に風呂を貰いにいくことを告げて外に出た。直ぐ隣の山小屋風の寮は、簡素な感じの宿泊施設で社員の家族連れが宿泊していた。迷惑ではないかを聞いてから風呂に入った。脱衣所には誰もおらず、湯壷は一つで家族風呂になっている。杉の木造りでほのかな香りが立ち昇っていた。気持ちが休まるものであった。天井には大きな丸い電燈がつるされていて、全体にバランスが取れている造りになっていた。30分ほどで入浴を終えて部屋に戻ると、電話が入った。御園旅館からの往診依頼だった。宿泊客の一人が腹痛を訴えているから来て欲しいとのことだ。ぼくは、往診鞄を用意して自転車の後ろに載せ出かけた。
旅館の中に案内されてみると、4人部屋に4人の女学生が休んでいた。そのうちの一人が患者であった。年齢は19歳、東京都出身で保険証を預かり、カルテに名前を記入してから診察に入った。今日の昼頃から胃部がむかむかして徐々に腹痛が始まり下痢もあると言う。昨夜は層雲峡に宿泊していた。発熱もあり、37.6℃である。寝かせて内診をすると、他の3人の女の子達は興味ありげに頭を突っ込んで見ている。血圧はやや低めだが、正常。脈拍は98あり、少し緊張しているようだ。腹部は季肋下左に圧痛があり、下腹部に伸びていた。聴音するとかなり強い蠕動運動があり、未だ下痢が続きそうな感じである。右の上下腹部には痛みはなく、問題なしであった。急性大腸炎と診断した。舌の乾燥した苔は脱水を物語っていた。
彼女達は、北海道に入ってから今日で4日目。明日は摩周湖を見て網走に行き、釧路から帰る予定であるという。北海道の食事は美味しく、彼女たちは何でも旺盛に食べ尽くしているようだった。患者K子は、ついにダウンしたと言うことらしい。ぼくはK子に心配ないことを告げて、これからリンゲルとサルファ剤そして痛みの注射をすることを告げた。初めに注射をすることをためらっていたが、早く治るために納得して腕を出してきた。500mlの点滴を用意して静脈内に針を刺し、点滴の速度を調節してからもう一度針を抜きに来ますからと言って、部屋を出ようとした。ぼくは、それまで余り余計な口を利かないで黙々と仕事をこなしていた。すると一人の女子学生が、
「先生はインターンですか」と、聞いてきた。ぼくの様子を見てそのように聞いてきたのだろうか、それとも若すぎたとでも思ったのだろうか。
「私ですか?どうしてその様に感じたのですか」と、聞いた。
「だって温泉診療所の院長としては、余りにも若いのですもの」と、言う。
「若くないですよ、これでも内科医に成って3年は経っているのですからね」と、少しサバを読んで返事した。
「とにかく患者はこの注射でよくなりますから。内服薬も3日分ぐらい出します。明日の最後の観光旅行が中止にならないようにしましたよ」と、ぼくは汗を掻きながら部屋を出た。
夜の川湯の町は、9時を過ぎても人々がお土産店を覗き回っていた。何となく蒸し暑さがあった。明日は雨になると感じながら、診療所に戻り鞄の中を整理して、カルテの記載と内服薬の処方箋を書いて机の上に置いた。すると、電話が鳴った。駐在所からだった。女子学生の一人が街のチンピラに追われて転倒したために、顔面に傷を負っているので見てもらえないかという依頼だった。ぼくは川湯にもチンピラがいるのかと思っていると、4人の女子学生が入って来た。二人に抱き抱えられるようにして、その一人の鼻と口は強い擦過傷で軽く出血し腫脹していた。強く打ったため上顎の門歯が折れて白い神経がぶら下がっているではないか。これは一体どうしたことだ。中年の警察官が続いて入って来た。

カテゴリー: 第一部 | コメントは受け付けていません。